子どもの虫歯治療で大切なこと

人間の歯には「乳歯」と「永久歯」があります。
生まれたばかりの子どもに歯は生えていませんが、成長に従って乳歯が生え、永久歯に変わっていきます。
長い一生のうち、乳歯が生えている期間は極わずかで、抜けることで役目を終えます。
そのため、乳歯を大事にしない人もいるかもしれませんね。
永久歯が生えてくるのを期待する気持ちにも頷けます。
しかし、乳歯のケア方法によっては、虫歯ができることはもちろんのこと、いろいろな弊害がでてきます。
そうならないためには、保護者のサポートが必要です。
もし、虫歯ができたら速やかに治療することをおすすめします。
子どもが虫歯治療をするときは、泣いたり暴れたりすることもあります。
それを防ぐには、子どもの体調がよい時間帯(午前中)が理想的です。
また、治療中に抵抗すると汗をかくため、着替えを用意していきましょう。
もちろん、治療中は薄着にさせるとよいですね。
歯を大事に使うには、お口のクリーニングを受けることも大事です。
そのためには、子どもが歯医者通いを楽しめるように心掛けたいですよね。
歯医者で頑張った後は、思いっきり褒めてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です